ラウドミュージアムプロジェクト 第5弾 インディーズブランド「VELVET BLACK」!&JOSP LINE公式アカウントページ!
どーも、半澤でございます。


まずは!!


LINEにジョニースペードの公式アカウントページができました!

l.jpg
http://accountpage.line.me/josp009


何といっても俺自身がLINE初めてなので、すでに訳がわかりません。


マジで。


とりあえず、ブログアップ、新作の入荷のニュース等をリアルタイムで登録してくれた皆様に届けられると思います。


それとトークというところで質問等を受け付けられるらしいので、今までの電話やメールでの質問よりもより迅速に対応できると思います。


質問はジョニースペード商品、バンドのみにしてくださいよ。


「ジョニースペードから碇ゲンドウモデルのサングラスはリリースしないんですか?」とか・・


「今からご飯を食べようと思うんですが、何を食べればいいですか?」とか・・


「実家に飾ってある雛人形の髪が伸びてきてるような気がするんですが、霊の仕業でしょうか?」とか・・


「銀河鉄道999に乗りたいんですが、何処から乗車すればいいんですか?・・」とか・・


「ドラえもんが欲しいのですが、ジョニースペードでロボットを製作したりしないのでしょうか?」とか・・


くれぐれも変な質問はよこさないように。


マジで。


そして!


電話もLINE電話で無料でラウドミュージアムにかけられるらしい。


とりあえず、入っておいてもいいかな?って思う人は上記のページから登録しちゃってください。


ヨロシクどーぞ。


マジで。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
そんなLINEで頭を抱えてる中、ラウドミュージアムプロジェクト第5弾が入荷してきました!


今回は遂にラウドミュージアムプロジェクト始まって以来のインディーズブランド「VELVET BLACK(ベルベットブラック)」であります。


デザイナーはジョニースペードのプリントを一手に引き受けるスキルワークの遠藤君!


このラウドミュージアムプロジェクトから自分のブランドでデビューしたい!とのことで相談にやってきました。


遠藤君のデザイン等、表現したい部分はすでに明確だったので、俺としてはデザインへのアドバイスをしたり、価格の見積もりをとったりって感じでした。


遠藤君が勤めるスキルワークの社長、大さんとは俺も20年のお付き合い。


その大さんのアドバイス、加工もあってかなり遠藤君の表現したいTシャツの理想系になったようです。


このTシャツはラウドミュージアムで販売中でございます。


通信販売も受け付けます。


「欲しい!」というお客様は下記までメール、ヨロシク↓


1:住所、郵便番号

2:氏名

3:電話番号

4:商品名

5:購入方法(代引き/E-コレクト/銀行振込のいずれかを選んでくださいね)

をこちらまで↓
http://info@johnnyspade.co.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
VELVET BLACK 「15 minutes」Tシャツ  ¥5832(税込)


COL:オフホワイト(着抜ブラック&着抜レッド)

SIZE:XS(着丈62cm×身幅43cm)
    S(着丈65cm×身幅46cm)
         M(着丈68cm×身幅48cm)
        L(着丈71cm×身幅51cm)

4.0oz

綿50%&ポリエステル50%

__-7.jpg
↑フロント

__-2.jpg
↑フロント2

__-1.jpg
↑フロントアップ

__-6.jpg
↑「LOUD MUSEUM」ネームとブランドネームプリント


一見、退廃的、そして暴力的な印象もある刺激的な1枚。


遠藤君がアンディーウォーホールにインスパイアされたデザイン。


遠藤君は仕事でシルクスクリーンを使うこともあって、アンディーウォーホールの作風が好きになっていったようです。


アンディーウォーホールがよく使うずらしや重ねをTシャツらしいやり方で再現できないかと裏からプリント!


そして合わせなしでフロントもプリントし、強引にずらしと重ねを表現しております。


散りばめられてる十字架もアンディーウォーホールがイロイロなパターンを並べて作っていたモチーフを遠藤君なりに崩してデザインに合わせて使用したようです。


アンディーウォーホールがどこにでもある誰でも使えるものをこのんでデザインしていたのに習って、フォトも正方形、フォントもデザインせずのスタイル。


Tシャツのタイトルは“15 minutes”


「 In the future everyone will be world-famous for 15 minutes.(誰もが15分間なら有名人になれる。いずれそんな時代が来るだろう。)」


このアンディーウォーホールの名言を遠藤君なりに解釈し、その後アンディーに起こる銃撃事件を重ねてその犯人である女性をモチーフにデザインを作成したとのこと。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
VELVET BLACK 「15 minutes」レディースTシャツ  ¥5832(税込)


COL:オフホワイト(着抜ブラック&着抜レッド)

SIZE:S(着丈61cm×身幅41cm)
        M(着丈64cm×身幅44cm)
      
4.0oz

綿50%&ポリエステル50%


__-4.jpg
↑レディースフロント

__-5.jpg
↑レディースフロントアップ


レディース製作は俺からのアドバイス。


結構、ウチの女子のお客さんはエグイのが好きだからねー(笑)。


1枚でも、そしてシャツやパーカーのインナーにもインパクト強い1枚になると思います。


メンズもレディースも着抜インクを使用しているので、生地に染み込んでる風合いです。


しかも赤の部分はTシャツの裏側からプリントして、表地に赤を反映させているというマニアックな懲り様であります。


当然、ここまでコストをかけると原価が高くなり・・遠藤君、利益がほとんどありません(苦笑)。


「・・それでも発売したいんですよねー」


って遠藤君が言ってました。


確かに俺も20年前にジョニースペードをやり始めた時に世の中に自分の想いを受け止めてTシャツを買ってくれる人は何人いるんだろう?なんて思ってたもんね。


皆様、ラウドミュージアムでも販売しておりますので「VELVET BLACK」をヨロシクお願いいたします!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
というわけで!


今日はそのアンディウォーホール撮影のVelvet Underground の「 I´m Waiting For The Man 」




それではまた!
ラウドミュージアム プロジェクト | - | -
twitter

翻訳
Archives
Search this site :