ラウドミュージアム プロジェクト第6弾 韓国本場豚カルビ「ハルバン」スタッフポロシャツ!
最近、ブログアップが盛んな俺ですよー。


最近ではジョニースペードよりもラウドミュージアムプロジェクトの方が忙しい状態でホント、皆様に感謝でございます。


おかげさまで今までラウドミュージアムプロジェクトで製作した「梟(ふくろう)」、「小田原五丁目 ホームラン食堂」、「MOYU-KAI」から追加注文もあり、ますますジョニースペードを製作する予算が無くなってきた俺です(笑)。

__-2.jpg
↑梟(ふくろう)
http://josp.jugem.jp/?eid=675

__-2.jpg
↑「小田原五丁目 ホームラン食堂」
http://josp.jugem.jp/?eid=680

__-31.jpg
↑「MOYU-KAI」
http://josp.jugem.jp/?eid=682


で、


今回は「ラウドミュージアム プロジェクト」の第6弾のご紹介でございます。


今回は韓国本場豚カルビ「ハルバン」のスタッフユニファームポロシャツです。


またもや飲食店です(笑)。


もともとラウドミュージアムの近くにある整骨院「三ツ星整骨院」に俺が肩こりで頭痛がしてたりで通ってまして、院長の金田君と親しくさせてもらってました。


金田君は昨年、あの有名なゴルフの松山英樹さんの専属トレーナーとして一年近くツアーに同行していたという凄い人でもあります。


金田君のご両親、そしてお姉さん夫婦がハルバンを経営しているのですが、ラウドミュージアムプロジェクトを気にかけてくれていた金田君が今回の企画をハルバンさんに勧めてくれたようです。


ありがとう、金田君!!


金田君の「三ツ星整骨院」HP
http://3stars-body.com/sd.html


「ラウドミュージアム プロジェクト」とは簡単に説明するとわたくし、半澤がジョニースペード以外のお店、バンド、チームなどのデザイン、グッズ等を手掛けるプロジェクトでございます。


ジョニースペードはアウトサイドカルチャーに根差してデザイン等を考えるんだけど、このラウドミュージアム プロジェクトはそのオーナー、お店等に合わせたデザインやグッズを作れるんで俺自身、凄く楽しんでやらせてもらってます。


飲食店以外の皆様からの注文も承りますのでお気軽にお問い合わせください。


「ラウドミュージアム プロジェクト」↓
http://www.johnnyspade.co.jp/hp/create/index.html


それではラウドミュージアムプロジェクト第6弾の「ハルバン」のスタッフユニファームポロシャツの紹介!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「HARUBAN」STAFF POLO SHIRT

Col : ネイビー×オレンジプリント

Size : XS、S、M、L、XL、XXL
__-3.jpg
↑バック

__-4.jpg
↑バック(アップ)

ハルバンさんは仙台のいろは横丁、そして国分町に店舗を持つ韓国本場焼肉屋さんです。


もともとはオレンジの無地ポロシャツがユニフォームだったらしいのですが、今回はネイビーの7.6オンスの厚手のポロシャツをチョイスしました。


焼肉屋さんなので汗、タバコ、においなどもユニフォームに付くでしょうから毎日洗濯しても型崩れが少ない厚手のポロシャツにした方が良いのでは?と思いまして。


得意技の50’Sスタイルでビンテージのアメリカングリルショップユニフォームをイメージしたデザインになりました。


ハルバンマークはお店のトレードマークで最初からそれをメインにしていこうと思ったので、トレードマークがあることで随分と助かりました。


このマークと相性の良い古い字体、そしてチョイスする言葉で色々とパターンを製作してハルバンさんのご夫婦に何度も足を運んでもらったりしてディスカッションをして決定しました。



__-1.jpg
↑フロント

__-2.jpg
↑フロント(アップ)


フロントは「ハルバン」マークをワンポイントで左胸にプリント。


動き回るホールの従業員さんを店が混雑している状態でも、お客さんがすぐ「従業員」だとわかるように少し大きめのワンポイントにしてあります。


ハルバンの由来は韓国の島のあちらこちらに立つトルハルバンという石像で「守り神」を意味してるそうです。


ありがたいマークと店名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

上で紹介したスタッフポロシャツが入荷してきまして・・


LAID BACK TAYLORの安達君に「今日、夜、どうなの?空いてるの?最近どーなの?」と電話。


安達君が店を閉める時間に車で待ち伏せ、そして拉致(笑)。


しかも・・ハルバンさんの場所に迷った俺は「安達君、俺、場所わからないんだ・・」と空を見上げて呟き、結局は安達君に携帯でナビさせる卑怯な手法を炸裂させておりました。


付き合ってくれてありがとう、安達君!


安達君のLAID BACK TAYLOR HP
http://www.laidbacktaylor.jp/


そして!


その安達君と「ハルバン」国分町 仙台夜市店に食べに行ってきました!


s_000d.jpg
↑「ハルバン 国分町 仙台夜市店」


〒980-0803  宮城県仙台市青葉区国分町2-7-5 KYパークビル1F 

(お問い合わせ)050-5788-0312


営業日 月〜土 18:00〜翌3:00
(L.O.3:00、ドリンクL.O.3:00) 
 

定休日 日曜日
 

「ハルバン 国分町 仙台夜市店」ぐるなび↓
http://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4001106/


__-12.jpg
↑早速、「HARUBAN」ポロシャツを着た従業員さんと金田君(右)が俺達をお出迎え!


・・ってのは嘘でして、店が空いてから皆さんに集合していただいて撮影させてもらいました。


土曜日だったのもあって店は激混み。


俺と安達君は「スゲー!」と店の前で空きが出るまでしばらく腹ペコで待っておりました。

__-11.jpg
↑従業員と金田君の「HARUBAN」バックショット!


うん、カッコいい。


オレンジプリントは正解だったのではないかと思います。

__-19.jpg
↑可愛い女子従業員さん達のバックショット。


右の女の子はあえてのXLの着用で今どきっぽく上手に着こなしてました。


ナイス。


ナイスガール。

__-17.jpg
↑金田君のバックショット!


カッコいいね。


金田君が院長の三ッ星整骨院は俺がギターの弾き過ぎで腱鞘炎になった時なども一生懸命に電気をかけてくれたり、マッサージをしてくれたり・・といつも良い施術をしてもらって感謝しております。


で、話は変わって!


席が空いて座れた俺と安達君は早速、注文!

__-10.jpg
↑まずはホエー豚 (サムギョプサル) 塩


岩塩?で塩漬けされた豚肉なんだけど、適度な塩味と焼いて脂が落ちたホエー豚が絶妙な味!


__-9.jpg
↑大きなお肉料理は従業員の方が来てくれて鋏でカットしてくれます。


サクッとした歯応えとじわっとくるホエー豚の旨みに俺と安達君は卒倒しておりました。


__-5.jpg
↑サンチュも新鮮で大きく青々としております。


この日、俺と安達君は野菜を摂取しなければ!と何かとサンチュで包んで食べておりました。


この横にある辛味味噌がフルーティーでお肉と相性バッチリでございます。


__-8.jpg
↑名物の豚カルビ秘伝味。


これがまた漬け込んであるからか、柔らかく、そしてジューシー。


脂身が少なく、肉の旨みが味わえます!

__-6.jpg
↑テーブル一つ一つに焼き台があり、自分好みの焼き加減で。


焼肉っていうと脂っぽいイメージがあるけど、これはサッパリとしてホント、美味しかったです。

__-7.jpg
↑ヤンニョム牛カルビ


これまた漬け込み系で柔らかジューシー。


個人的には凄くフルーティーな味で柔らかく、脂身も程よくてお酒と相性がバッチリです。


あ、俺はコーラだったけどね。


__-15.jpg
↑大きめの肉をまた鋏でカット!


先程のサムギョプサル、豚カルビ、そしてヤンニョム牛カルビの画像はなんと一人前です。


一人前でこのボリュームなので、2人前だったら凄まじいことになっておりました。


価格もこだわった肉のチョイスでロープライスだと思います。


そして!

__-14.jpg
↑このハラミ!


これは脂身があって、凄く美味しかったです!


間違いなく「ご飯がすすむ君」認定でございました。


写真は食べるのに夢中で撮影しなかったんだけど、今までのメニュー、全てタレも違うというこだわりようでございました。


__-13.jpg
↑ハラミアップ!


この臨場感が伝わるだろうか。


俺はこのハラミ1枚でどんぶり飯半分はイケる。


君はどうだね?


そうか。


極めろ、肉、悟れよ、肉。


__-16.jpg
↑生ビールからドンペリまで揃っちゃうというお酒のリクエスト幅の広さもハルバンさんの魅力です。


ワインも色々と取り揃えていて、「この料理にはこのワイン!」とソムリエに厳選してもらったワインが揃っております。


ハルバン 国分町 仙台夜市店は欧風酒場のような粋なバルの雰囲気、オープンカフェのような開放的な素敵なお店であります。


是非、機会があれば皆様、足を運んでください。


たまに俺や安達君が飲んでるかもしれません(笑)。


ハルバンさんは仙台青葉区一番町のいろは横丁にもありますので、そちらもメニューは同じなのでお近くの人はこれまた足を運んでみてください。そしてハラミを食べましょう。


t334000v.jpg
韓国本場豚カルビ ハルバン

〒980-0811  宮城県仙台市青葉区一番町2-3-28-78 

022-217-2105


営業時間 月〜土 17:30〜24:00
(L.O.23:30) 
 

定休日 日曜日
 

「韓国本場豚カルビ ハルバン」ぐるなび↓
http://r.gnavi.co.jp/t334000/



ちなみに「HARBAN」Tシャツはスタッフユニフォームですので、一般販売予定は現時点ではありません。


あしからず。



・・・予想通り、このブログ、またもやグルメレポートになっております。



次回のグルメミュージアムプロジェクトをお楽しみに!



あ、ラウドミュージアムプロジェクトだった。


ヨロシクどーぞ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
もう俺の刑事シリーズは止まりません・・。


今日は「華麗なる刑事」の挿入歌だった「センチメンタル・シティー」↓



三菱ギャラン ラムダ。


それではまた!
ラウドミュージアム プロジェクト | - | -
twitter

翻訳
Archives
Search this site :