4/5 PASSing truth DRIVE 6年ぶりのアルバム『破』発売決定!&3/25 LIVE 先行発売!

どーもっす、俺っす。

 

 

 

えー、昨日、パッシングトゥルースドライブからの全国一斉告知がありました!

 

 

 

4月5日 PASSing truth DRIVE 6年ぶりのアルバム『破』発売決定!

 

 

 

16683914_1203774396409808_2246865070463063776_n.jpg
KKV-050
4月5日
発売2000円+消費税

 

 


アルバム収録曲より『Inner Explosion』の試聴スタート!

https://soundcloud.com/kilikilivilla/inner-explosion

 

 

 

以下、KiliKiliVillaホームページより

 

 


1992年結成、仙台を拠点に活動を続けてきたPASSing truth DRIVE。

 


古くは90年代にNukey PikesやEastern Youthなどと共演、2000年代にはGoing Steady、銀杏BOYZともツアーを行っている。

 

 

ソリッドなサウンドと硬派なメッセージは時代を超え、パンク・シーンから途切れることなく支持されている。

 

 

6年ぶりとなる4作目はキリキリヴィラからのリリースが決定した。

 

 

収録曲

 

1. 弥生鎮魂歌


2. Little World “Pu” Maximum


3. Information Overflow


4. Inner Explosion


5. See Inside


6. Moonwalk


7. Taxi Driver


8. 無意識のダンス

 

 

16831039_1177115652385938_1834023143770557739_n.jpg

 


PASSing truth DRIVEについて by 安孫子真哉 (KiliKiliVilla)

 


1992年の結成。変わらず地元仙台にて活動するパンクバンド。パッシングトゥルースドライヴ。

 


決して大袈裟でなく、出会ってからの18年余りか、彼等は僕の一つの拠り所になっている。

 

 

生きてりゃ酷く辛く苦しい時なんかよくあるだろう。実際そんな事の繰り返しだ。でもまだ諦めたくないものがある。

 

 

彼等と触れ合い笑い合い語り合った日に想いを馳せ作品を聴き、ライヴの記憶を脳ミソから引っ張り出す。涙が伝う。

 

 

そんな夜。自分を鼓舞した日々は実は数多い。

 


力強く優しく時にひょうひょうと。日々をサバイヴしここぞと音楽に向かい夜な夜な実験を繰り返してることだろう。

 

 

夢中になれるってやっぱいいな。

 


SPROUT RECORDSリリースの7インチ、V.A CLENCH THE FISTなどの90年代の作品から00年代初頭リリースの1stCD PUNKROCK MESSENGER FROM THE BIRDLANDなどの激烈のパンクロックサウンドからその後の2007年作のダーティーパレード、DANZETSUへと、より多角的な方法をモノにし様々な角度から聴かせてくれる。

 

 

パンクロックミュージックラバー。全作パッシングでしかない独自の記名性の高い心打ち抜く作品群はどれも超宝物。

 


そして今作「破」もまた然り。宝物プラス1。

 


感情感覚を揺さぶり続け緊迫し時に解放する。得体の知れないバケモノや人間のアタタカサは一体何処から来るの。

 


自分が投げ出されてる世界。

 


明日の光はどっちだ。

 


やはりそれを探したいんだ。

 


強く拳を握りしめる。

 

 

by 安孫子真哉 (KiliKiliVilla)

 



3月25日のD・O・T来仙イベントにてアルバム先行発売!

 

16831882_1203774546409793_3071811414633164762_n.jpg


日時 / 2017年 3月25日 土曜日


場所 / 仙台 Shangri-La シャングリラ
http://shangrila-sendai.com/


出演


D・O・T (東京)


パッシング・トゥルース・ドライブ


DOG DAY AFTERNOON


MORTAL FAMILY (盛岡)


JUMPING CROW B.B

 


オープン19時30分


スタート20時〜(予定)


当日券オンリー/2500円


別途1ドリンク500円

 

D・O・T

https://www.facebook.com/DOT.official3/

 


◉現あぶらだこBassのHIROSHIと、あぶらだこ初代DrumのMARU(ex.LIP CREAM,ラフィンノーズ)との、初期あぶらだこリズム隊により結成され、新たにTHE NURSEのVocal、NEKO(REIKA)が加わる。更に2014年からGAUZEのMOMORINがGutarで参加し、最強のメンバーが集結!

 


HARDCOREを基調としたSOUNDは、まさにその時代を駆け抜けて来た者達ならではのリアル感に満ち溢れ、また日本に於けるエジプト舞踊の第一人者NEKO(REIKA)のダンスも強力な武器となり、独自の“アラビアン・ハードコア”を展開する。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前述が昨日のパッシングのアルバム発売に関してのインフォメーションです。

 

 

 

ここからはわたくし、半沢のパッシングに関しての個人的なお話になります。

 

 

 

えー、パッシングとは本当に長い付き合いで・・今もジョニースペード企画の「ROCK-A-REBEL TRAIN」にレギュラー出演してもらったりでメンバー共々、良いお付き合いをさせていただいてます。

 

 

 

20数年前、仙台アンダーグラウンドシーンからハードコアバンドが数々、出現しておりました。

 

 

 

ハーフライフ、ソニックオーバービジョン、ブラスト(EX:INNSANITY剛在籍)、コンシュームド、バットスクリーム・・等々。

 

 

 

俺はジョニースペードをやりながらINNSANITYで活動していたけどロックンロールバンドだったんでね、また違うシーンでライブをしておりました。

 

 

 

そんな中、ゾーラック、クライム、ジョニースペードなどのブランドを取り扱っていたアパレルショップ「ビハインド ザ サン」のオサム君から「そういえば最近、イキのいいバンドがいますよ。」って聞かされたのがパッシングトゥルースドライブでした。

 

 

 

あの頃、そのハードコアシーンとクロスオーバーしながら新しいジェネレーションとしてネイキッドイエッグス、スパイクシューズ、ブルヘッド、マッドマガジン、スティンクガスパーズ、アンガー、マイクロプラン・・などがバードランドを根城にして自然発生のように生まれていました。

 

 

 

その中にパッシングトゥルースドライブがいました。

 

 

 

ビハインド ザ サンや剛のおかげでジョニースペードを着てくれる仙台のハードコアバンドは多かったんだけど、周りから「バードランドにジョニースペードを着てライブやってるバンド達がいるよ」なんて言われていて、「へぇー、バードランドねぇ・・」なんて思っておりました。

 

 

 

偶然のタイミングで俺の後輩がパッシングと仲がいいってことでパッシングのライブを観る前にジョニースペードの事務所にパッシングのメンバーが遊びに来てくれた。

 

 

 

パッシングとはそこからの付き合いだねー。

 

 

 

その頃はホント、ドラムの畠山君とジョニースペードの事務所で夜中まで音楽、芸術、心理等々・・色んな話をしてました。

 

 

 

今も同じようなもんだけどね(笑)。

 

 

 

ギター&ボーカルの中川君の声、そしてソングライティングは初期の頃から独特の感性でズバ抜けていてね。中川君のギターとボーカルは白い閃光をぶっ放すような爽快感があります。最近は声の低音を駆使した孤独感のあるポエットも魅力的です。

 

 

 

 

ドラムの畠山君は本当にカッコよくてね。初期の暴れまくるスタイルが「破壊」だとしたら最近のスタイルはいぶし銀の渋さで「退廃」というか「空虚」まで感じさせてくれます。

 

 

 

ベースのツカポンは骨太の独特なベースラインと絶叫するコーラスがいつもカッコいい。ツカポンが直線のパッシングのラインをうねる生き物のようなベースラインに変えたと思っております。

 

 

 

トランペットのヒロシ君はホント、メロディセンスが素晴らしくてね。楽曲に憂いや躍動感などの印象的なメロディをつけられる希有な人物だと思っております。

 

 

 

パッシングの音楽的な変化もずっと聴いてきてるけど、これまた極端に変化していくバンドでもあります。

 

 

 

初期はグランジ要素も入ったハードコアスタイルで全編、英詞だったしね。

 

 

 

現在は心理を打ち抜くような日本語の「言葉」とあえての無機質的なビート感上の強烈なメロディのスタイルになっていると個人的には思います。

 

 

まぁ、パッシングの話は書き出すと長いんでね、今日はここまで(笑)。

 

 

 

とりあえず唯一無二のバンドだと思っております。

 

 

 

今回の4月5日 PASSing truth DRIVE 6年ぶりのアルバム『破』には嬉しいことにわたくしのバンド「INNSANITY」の「TAXI DRIVER」のカバーが収録されております。

 

 

 

原曲より孤独感と文学性が強烈でカッコイイです。

 

 

 

3/25の柿ちゃん主催のD・O・T来仙ライブ&パッシングトゥルースドライブ アルバム「破」先行発売にもわたくし、DOG DAY AFTERNOONとして出演させていただきます。

 

 

 

とりあえず、皆さま、飽食の時代ですからね、宝物は自分で探して自分で味わいましょう。

 

 

 

ヨロシク。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パッシングがカバーしてくれたINNSANITYの「TAXI DRIVER」

 

 

それではまた!

その他 | - | -
twitter

翻訳
Archives
Search this site :